あなたの関節の可動域はどうなっていますか?


可動域「関節をなめらかに動かすために、もっとも重要なものは何か?」と、聞かれたら、私は瞬時に「可動域」と回答します。

「可動域」とは、「各関節が動くことのできる生理的な運動範囲のこと」。

動く範囲が大きければ関節の動きがよくなりますし、動く範囲が小さいと、関節が本来動くべきところまで動かず、体の動作がぎこちなくなってしまいます。

関節がスムーズに動くには、正常可動域が保持されていることが重要なポイントだと言っていいでしょう。

しかし、いつも悪い姿勢でいたり、座ったままでろくに歩いていなかったりすると、関節の可動域が狭くなりがちなのです。

悪い姿勢を保っていると関節にバランスの悪い力がかかり続けるようになり、関節内で骨同士のひっかかりが起こることが多くなります。

そして、元来使われるはずの関節が使われず、関節が固まって癒着を起こしやすくなります。こうした状態が続くと、徐々に関節内での骨の動きが悪くなり、可動域が狭くなってしまいます。

例えば、歩いているときに、小さな段差につまずいて転んだり、わずかな障害物に足をひっかけてしまったりという体験をされた方はいらっしゃらないでしょうか?

この現象は、ひざ関節の可動城が狭まってきたという証拠です。ひざの関節の動く範囲が狭まり、本来上がるはずのところまでひざが上がっていないために、足がひっかかってしまうのです。

運動会などでかけっこをして思いっきり転んでいる保護者の方がいますが、あれも若いときに比べて足腰の関節可動域が狭まってきた証拠だと言えるでしょう。

もっと動くはずの関節が動かなくなってきているから、体が思うように動かなくなるのです。

みなさんのなかにも、知らないうちに関節の可動城を狭まっている人がいらっしゃると思います。

可動域の縮小が進んでいくと、その関節に大きな負担がかかるようになって、関節が痛みやすくなります。

関節可動域が狭くなるということは、機械で言えば、歯車が本来回るところまで回らなくなるようなもの。本来の働きができなくなれば、当然その歯車に大きな圧力がかかってきます。そのあまりのプレッシャーに歯車が持ちこたえられなくなってくると、痛みなどのトラブルが発生することになるわけです。

まさに、体の多くの関節のなかでも可動域のトラブルが現われやすいのが、首、肩、腰、ひざなどの荷重関節なのです。

人間は二足歩行をする動物です。常に重力に逆らって頭や体の重みを支えています。荷重関節というのは、そのタテの重みがプレッシャーとして、のしかかりやすい関節のことを指します。首の関節は頭の荷重を支えていますし、腰や骨盤の関節は上半身の荷重を支えています。さらにひざの関節は、体のほとんどの荷重を支えていることになります。これらの関節は、寝ているとき以外はずっとタテの荷重に耐えて体を支えているようなものです。なので荷重負担によって関節のすき間(関節腔といいます)が狭くなりやすく、関節の動きが悪くなりやすいのです。当然、荷重関節には痛みも現われやすくなります。

では、こうしたトラブルを避けるにはどうすればいいのでしょうか。

そのためには、関節をいつも適度にゆるませて、正常可動域を保持していくことが重要になってきます。

現代生活では「座ったままの生活」「うつむいたままの生活」「歩かない生活」が当たり前のことのようになっています。そういう生活に慣れてしまうと、関節の可動城はどんどん縮小し、どんどん体の動きが悪くなってしまいます。

そうならないためには、普段から関節を適度にゆるませて、動きをよくしておく習慣をつけるべきです。

首、肩、腰などの荷重関節の可動域を保って、なめらかな体の動きをキープするための関節ケアの方法をみんなで考えていきましょう。

関節ケアは「痛みの解消」と「痛みの予防」の両方に良いと言われています。

みなさん、これらを毎日の習慣にして正常可動域を保持していくように頑張りましょう。

“あなたの関節の可動域はどうなっていますか?” への1件のフィードバック

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ